乱視とは

乱視というのは、どこにも焦点が合わなくなってしまうために、見ている対象物が二重に見えてしまったりする現象のことです。これは角膜と水晶体がゆがんでしまったことが原因となって引き起こされ、像が網膜に到達するまでに乱れてしまいます。

乱視の症状

光を屈折させる役割を持っている角膜と水晶体の部分にゆがみができると、横方向と縦方向の屈折率に異常が生じて網膜に焦点が適正に合わなくなり、遠くも近くもぼやけてしまうのです。症状としては、近くも遠くも見にくくなるほか、眼精疲労になりやすくなったり、はたまた肩こりも生じやすくなってしまうデメリットがあります。時にはものの輪郭がダブって二重に見えるなどの現象も起こります。

正常な正視の場合には、網膜にきちんとピントが合っているので眼で見た物をはっきりと実像化することができるのです。乱視になると目のピントの合う距離が縦方向と横方向で違うといったシチュエーションが原因でどこにも焦点が合わなくなり、ものが二重以上に見えるといったことになるのです。乱視を解消しないと遠視や近視よりも目が疲れやすくなることになりかねません。