視力と眼の仕組み

視力のことについて深く知るためには眼の仕組みや構造をしっかりと理解する必要があります。また、眼について学ぶことで視力回復の方法やレーシックについての見知、視力低下を防ぐ方法などを把握できる可能性が高まります。それでは目の基本的な知識を提示していきますのでしっかりと学んでみましょう。

目のはたらきかたを理解する

目の働きはいろいろな機能が連動し合ってものを映像として認識しています。身近な例で簡単に言うとカメラのピントのような動きと同じ仕組みと考えてみましょう。同じような原理原則で見る対象と距離を測って目のレンズを動かしながら視覚を認識しています。目には水晶体と角膜を用いて取り込んだ光を屈折することで、網膜にピントを結合し、対象物の形や色を認識します。視力はこのようなメカニズムではたらいているのです。

レーシック手術を比較
安全性が高く多くのユーザーから支持されるレーシッククリニックを徹底検証。手術の料金やレーシックの種類などを比較できます。
失敗しないレーシック手術
レーシックについての知識を深めて手術に対する不安や恐怖を取り除こう!レーシック手術に失敗しないための情報が満載です。

目のひとつひとつの部位の名称とその働きを勉強していきましょう。角膜は、眼球の一番表層部の透明な5層から成り立っている一番外側に位置する組織のことで、黒目の部分をかぶさるように被っています。

網膜は眼球の奥底に位置する薄い膜のことで、カメラの働きでいうとフィルムのような役割を担っています。瞳から入ってきた光が焦点を結び、眼で視覚したものを実像化させる部分となります。

虹彩は、黒目の内側の部分で瞳孔より外側にあるドーナツ状の部位をいいます。瞳孔を縮小させたり拡大させたりして調整できる筋肉組織です。

瞳孔は、虹彩の中央部に位置する黒い部分のことをいい、ここから光が入ってくるので、光の入る量を調整するはたらきをします。

水晶体は、いわばレンズに相当する部分のことで、水晶体の厚さを変えながら近くにも遠くにも焦点を合致できる仕組みとなっています。

毛様体は、血管網と毛様体筋と色素から成りたっている組織のことで、水晶体の厚さを調節する役割を持っています。眼精疲労に陥ると調節が効かなくなります。